<第62回電気通信大学学園祭「調布祭」>
「コンピュータ囲碁がプロ棋士に挑戦」〜九絽盤ガチンコ対決〜第2弾」
 

黒 大橋拓文(五段)  vs  白 Zen(コンピュータ囲碁ソフト)
----2局目、黒33手まで 黒中押し勝ち

本Javascriptの碁盤はplayGO.toさんの碁盤を利用させていただいています。

<解説の様子>
蘇八段、橋本五段、一力二段、加藤氏による解説の概要をご紹介いたします。

凡例: S;蘇八段、O;大橋五段、Ic;一力二段、K;加藤氏、It;伊藤先生、以下、敬称略。

(Ic)Zenは白が強い感じです。
(S)同感です。持碁になりにくいです。一局目、一力君が勝ってヒントを得ました。
(Ic)白では手堅く打ちます。50数%の勝率で打ち続けます。
・(S)大橋さんは持碁、7目のハンデは黒苦しいと言っています。この碁の流れはZenの持碁コースでしょうか。白20は筋がよく、流れはZenです。
・(Ic)死活が難しい。全体の黒も生きていません。ここで秒を読まれると黒苦しいです。

----O、K、It 対局室から戻る----

(K)勝率50%でしたが・・・。



inserted by FC2 system