<第62回電気通信大学学園祭「調布祭」>
「コンピュータ囲碁がプロ棋士に挑戦」〜九絽盤ガチンコ対決〜第2弾」
 

黒 一力 遼(二段)  vs  白 Zen(コンピュータ囲碁ソフト)
----黒21手まで 黒中押し勝ち

本Javascriptの碁盤はplayGO.toさんの碁盤を利用させていただいています。

<解説の様子>
蘇八段、橋本五段、一力二段、加藤氏による解説の概要をご紹介いたします。

凡例: S;蘇八段、O;大橋五段、Ic;一力二段、K;加藤氏、It;伊藤先生、以下、敬称略。

(O)碁ワールド6月号のコンピュータ囲碁特集でも書いたが、9路盤ではプロ並みで人間に気が付かない手も打つ。複雑ないい手を打つのがいいかもしれない。9路の定石も見つけた。今日は、9路盤では定石を使わない選択をしている。
(S)9路盤は普及向けです。一力君と一緒に出ることになったので彼と研究した。
(O)3人ともタイプが違う。一力君は向いているとおもう。
(S)一力君、大橋君はヨミで打つ、私はバランス派。コンピュータはどんな分野が強うのだろう。
(S、O)黒9以降、普通に寄せれば黒勝ちなので、白10と打った。白12はZenならではの手、プロには打てない。no time で打った白14は鋭い手、一力君参っていると思う(黒は、10分以上消費)。黒勝てない、黒17は石塔しぼりを誘っている。白18と出れば一本道の石塔しぼり。白32はF2がよい。黒33で白参っている。この後、どう打っても上辺の白4子が落ちている。白18で白24にハネれば白が勝っていた。

----Ic、K、It 対局室から戻る----

(K)Zenはシチョウや石塔しぼりなど一本道の処理に弱いところがある。石塔しぼりは学習済みで対処してあったが、他の複雑な処理が混じると間違えてしまう。
(Ic)黒、勝つのが大へんです。
(It)Zenは複雑な手順が絡むと穴があるかもしれないということのようです。



inserted by FC2 system